2坪“菜園”奮闘記!!

名古屋のマンションから、市内の庭付き・一戸建てへ。そして自然が豊なところで暮らしたいと願っていたら長野県松川町へ引越す事に。
身内が全くいない長野。だけど、自然に感謝し、子育て、手づくり、する毎日は、最高に楽しく豊かです!!!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
家族4人元気です!!! 00:23
ブログ、しばらく更新してませんでした。
読んでくれてありがとうございます!
とても元気に過ごしているのですが、
妊娠、出産でパソコンで目が疲れる事、時間がなかなかとれないため。

11/4に生まれたirohaはもう1歳。
ちょっとおてんばさん。
お芋掘りに行ったら、レジャーシートなんて全く意味なし。
お芋を掘った穴にぽっこりハマってげらげら!
2人目、女の子→たくましいです。



最近はtatuyaもアフリカンドラムにはまり、家族でサブニュマ楽しんでます。
ここ伊那谷で人と人とのつながりを感じ、幸せだなあ〜とより思います。
他県から、県内から移住してくる人も続々と増えて来ています。





| - | comments(1) | - | posted by SAORI
吉村医院にて。 11:31
3回目の検診に行って来ました。
検診は順調とのこと。5ヶ月に入りました。
つわりもそろそろおさまって来たかな〜と思います。

今までパソコンをいじると、目がすごく疲れて、全身が動かなくなってしまうほどで、
ブログも更新できませんでした。

検診ではみてもらえなかったのですが、会計後、古屋※に向かうと、吉村先生が、世話をしてくれている女性に手をひかれ、歩いてきました。
なかなか体調がすぐれないという吉村先生に出会えるなんてなんてラッキー!
と思って、声をかけました。

(※古屋;薪割りやぞうきんがけをする妊婦さんの労働場所。ここでつくったごはんもみんなで囲炉裏を囲んでいただきます。)

先生はこれから隣町にお散歩に行くところでした。
少しお話ができたのですが、先日屋久島に行って来たらしく、屋久島はすごい!とおっしゃっていました。
すごすぎて、体調がおかしくなったけれど、またパワーをもらってきた、と元気な言葉を聞けて嬉しいな、と思っいながら、いろいろお話をしていました。

私は、先生にお礼を言いたくて、

「はじめは実家の母に反対されて、この産院に来て一人目を産んだのだけど、いまではすっかり認めてもらえているんですよ。」

「産後、あらためて先生の存在のありがたさを知りました。
『育児書は見ずに、あんたの思うままで育てなさい。』
と言う言葉を信じて、子育てをしたら、元気で風邪もひかない、いつもにこにこ笑顔の絶えない子に育っているんです。
自分自身も、吉村医院に来て、変わりたい、と期待をもっていたのですが、
期待以上に、今までの自身のなかった自分が、変わりました。」

と話したところ、吉村先生は、「わしはこういうお産が正しいと思って、いままでやってきたけれど、そういう事を言ってもらえると、うれしい!」
と涙をながされるので、私もうれしくてうれしくて(泣)

吉村先生とわかれた後、tatuyaとsotaも私を迎えに来たところ、先生に会ったみたい。
車のなかから先生を見つけ、sotaは
「よしむらせんせ〜い!」
と叫んで、先生が気付かれなかったみたいなので、tatsuyaが抱えて先生に挨拶しにいったみたいですが、うちの家族はラッキーだなあ、とつくづく感じました。

吉村先生と会ってお話ができたことで、また出産に向けてがんばる気力がわいてきました。


先生の本が受付に置いてありました。早速購入して、少し読みましたが、先生の口調そのままで、
想いが伝わってきます。
興味のある方、是非読んでもらいたいです。



元気なsota!



| 育児 | comments(0) | - | posted by SAORI
嬉しい事がありました! 15:11
 土曜日久々に吉村医院に行って来ました。
初診で診て頂いた先生は、吉村先生。
温かく迎えてくれた受付のスタッッフの皆さんと、
吉村先生の温かい言葉、
「あんたはぜったい安産だからね。動物性のものはあまりとらず、
昔ながらの食事をしなさい。がんがん運動もしてね。」

っていつも同じフレーズのようだけど、あの笑顔をやさしい声が
すごーく温かくって、ほっとするというか、
幸せな気分に包まれるのでした。

検診のあとは、つわりで行く気が起きてなかったけど、予約しちゃった古屋へ。
気持の悪さも、さわやかな風の中、薪割りとスクワットをしていたら、すっきりしちゃいました。

こんな風にまた、吉村医院で産める事が喜びでもあって、
妊婦生活が明るく楽しく過ごせそうです。

今は6週目。11月出産予定です。


久々の古屋ごはん。ひじきいっぱいでおいしい。
| 育児 | comments(2) | - | posted by SAORI
旅立ちは近い!? 23:05
sotaは4月から保育園。
里山保育園と迷いましたが、近くの保育園に決めました。

毎日一緒に過ごす時間が急に変わることで、sota、保育園で大丈夫かな?って心配する気持はゼロではありませんが、
どーんと送り出してあげようと思うこのごろ。

「おしっこ、うんちもできない、野菜も食べない、歯磨きもしない、のないないづくしのsota」
なーんて嘆いていた時期もあったのだけど、別にそれならそれでいいんだ、
そのうちできるものなんだから、信じて待ってあげよう。
sotaのおだやかな笑顔のある日常を送ろう。
sotaをよくみてあげよう。

と保育園選びでは私の母としての未熟さを感じたりしたのだけれど、そんな境地になりました。

さてさて、次の子がなかなかできないため、私も仕事をしなければ!
妊娠前まで続けてきたデザインの仕事と、友人にパンを焼くことをやって行こうと決め、
そういうのもいいなって、頭を切り替えました!

少し前に作った整体院ポノポノのリーフレットも好評で、
問い合わせがあったり、友人からのお店のショップカードとメニューの依頼も決まったりして、今やりはじめるタイミングとしては、いい流れな気がします。


パンもハード系が好評で、ちらほら焼いて売って欲しい、との声あり。
上のパンは粉1キロをかざこしこどもの森公園の石窯で焼かせてもらいました。
かなり時間がかかり、はじめに表面がこげたり、中がいまひとつ焼きが足りなかったりして、次こそは!なんて目標もできました。



上のお菓子はカンパーニュの生地になたね油とレーズンを足して平たくして焼いたもの。
これが大成功!やみつきになる味です♪
12月のこどもたちへのクリスマス会のプレゼントにもしました。



sotaが保育園から帰ってきたら、仕事の事は頭から離して、
いっぱい話をきいてあげたり、甘えさせてあげたいと思います。



| - | comments(6) | - | posted by SAORI
遅くなりましたが…あけまして! 18:12
 色々写真を載せます。もなみ園にて。



池の上の氷につもった雪でつくったゆきだるま。
しんと静まりかえった空気のなか、もなみえんの保育士YさんとDくんとSちゃんで過ごした素敵な時間。
ここの場所、「だーれもしらないひみつだもん」とゆかさんに笑顔で言ったsota。




川の氷、おいしいよ。




保育士Yさんは、こどもを開放してあげれる最高の保育士さん。




岩にできたおおきなオブジェのような氷。




スケートもできちゃうよ。




動物の足跡が…。何の動物!?




近所に引越してきたおじさんとおばさんにsotaはとってもかわいがってもらってます。
この日もにんじんやかぶを抜かせてもらいました。
長野のじっちゃんばっちゃんみたいな存在。温かい気持がいつもうれしいです。




中川の読み聞かせの会にてお世話になってるOさん。
芯があって、かわいくて、センスもいいOさんがsotaは大好き。
私も憧れの人♪



| 育児 | comments(2) | - | posted by SAORI
年末もちつき 18:13
昨日玄米菜食の宿“なかや”さんにてサブニュマもちつきがありました。
友人のemiちゃんが写真を送ってくれたので、ブログにしました。emiちゃんいつもありがとう!
sotaももちをつきたい!というので、この写真の後に、軽い杵で一緒におもちをつきました♪






 

この日集まったみんな。楽しい人がいっぱいです。
なかやさんに泊まりにきた神奈川のファミリーは、サブニュマの太鼓とダンスに見送られ、帰っていきました。そのファミリーの奥さんが、たけちゃんの事、「一緒の空間にいるだけで、幸せになれる人だね」と言っていた。それを聞いてうんうん、と大きくうなずくママ達。
たけちゃんのパワーはすごい。
| 南信州 | comments(1) | - | posted by SAORI
農村ホームステイのご案内。 16:27
みそ部えいこちゃんの企画する
“信州中川村で味噌を仕込む2泊3日のホームステイ”
のチラシをつくらせてもらいました。
いつも参加させてもらって、気持のいい空間に思わずリラックスしてしまうみそ部。
是非街にお住みのみなさんにおすすめしたい企画です!!






---------------------

信州中川村で味噌を仕込む

2泊3日の農村ホームステイ

---------------------

自然たっぷりの信州中川村で、農家に民泊しながら味噌を仕込んでみませんか?

舞台は目の前を天竜川が流れる古民家です。

おばあちゃんの時代には、この季節に村のあちこちで味噌仕込み会が行われたそうで

す。

たき火でぐつぐつ煮た大豆をつぶし、こうじと塩を混ぜてよ〜くこねて桶に仕込むま

で、2日間かけて仕込みます。

秋までじっくり寝かせるとおいしい信州味噌が出来上がり。

日常を離れて、ちょっと不便も楽しみながらのんびりと田舎時間を味わいたい方、お

待ちしています。

---------------------


【料金】

2泊3日

¥18,000

(宿泊、食材代込み)

※現地までの交通費は各自ご負担ください。


【受け入れ日程】2010年

1月…22(金)〜24(日)

2月…20(土)〜22(月)

3月…20(土)〜22(祝)

4月…9(金)〜11(日)


【内容】

・各日程で、味噌を仕込む体験ができます。

・定員4名程度。男女別相部屋。

・宿泊は民泊スタイル。みんなでご飯を作ったりして、わいわい家族のように過ごし

ましょう。

・お風呂は近所の浴場へ。(別途¥400)

・宿泊は古民家です。暖かい服装でお越し下さい。(湯たんぽ完備)


【お申込み方法】

FAXまたはメールで下記の情報をお送りください。

氏名 

年齢 

性別 

ご住所 

電話番号

メールアドレス

希望する日程(第1、第2希望まで)

当日の交通手段


【お申し込み先】

●FAX:0265-88-2752

(7時〜21時受付)

●メール:eyon@cek.ne.jp

お問合わせは080-5145-6795まで、お気軽にどうぞ。


【所在地】

〒399-3802

長野県上伊那郡中川村片桐4134

●中川村HP

http://www.vill.nakagawa.nagano.jp/


【主催者】

米山永子(よねやまえいこ)


●プロフィール

1977年、信州中川村の農家に生まれる。

5年間の会社勤めの後、地球一周の船旅に参加。

さらに国内各地に出かけた自分探し期間、3年。

やっと出会えたライフワークは「味噌仕込み」。


●主催者よりメッセージ

数年前、たまたま誘われて作った手前味噌の美味しさに感動!

それから毎年、冬から春の間に何度も味噌を仕込んでいます。

友人を誘ってサークル感覚で味噌仕込み会をしているうちに、どんどん輪が広がって

大人の部活動「みそ部」を発足。

畑で大豆を育てたり、季節毎においしく楽しいイベントを企画しています。

私が生まれ育った築160年の古民家を生かしながら、素敵な人・もの・ことのつな

がりが生まれる場所作りも目指しています。

世の中にたくさん笑顔が増えますように!


---------------------



| 南信州 | comments(0) | - | posted by SAORI
第7回手づくりマーケット 17:14
やっとこのブログを書く事ができました。

7回目にして、出店してくれた方達の多さと盛り上がりに、スタッフの私たちは、新鮮な感動を味わいました。
やっぱりスタッフが気合いが入るとちがうんだなあと、感じました。
吉村医院内のポスターや、うぶやの会の会報、口コミなど、来てくれたお客さんのきっかけは様々。
スタッフとして動いてくれたmayumiさん、naoさん、yasueさん、yuriちゃん、ありがとう!
そして、いつも笑顔で一緒に主催をしてくれているmegumiさんに感謝です。

ひとつひとつの瓦が重なって、雨をしのぐ屋根になるっていうけど、本当にひとりひとりの力が素敵な空気をつくって、いいマーケットになったなあ、と思います。


 

お客さんとの交流を楽しむ私。はぁ〜、本当に楽しかった♪




仕事をはじめたHさん。手づくりマーケットは別世界、と楽しそう。




情報誌Te-teの看板、兼、アンケート。ひとつひとつが愛情いっぱいの手づくりです!
| 手作りマーケット | comments(2) | - | posted by SAORI
もなみ園にて 19:33
もなみ園は未就園児のサークル「みっけ」と「里山ほいくえん」の拠点。
この日は付きに一度の「うっちゃんデー」。
県内の森の幼稚園の保育士さん「うっちゃん先生」が来てくれて、サークルと保育園合同で
賑やかな一日でした。

                                  photo by emi

朝行くと、すべり台が!土を削って、分厚いシートを敷いて滑り台が完成していました。
うっちゃん先生が朝作ったみたい!こどもたちは大喜び。sotaと私も手をつないで滑りました。


                                  photo by emi

棒パン、竹パンを作る。こどもたちの表情がかわいい。みんなパンを作りたい、と寄って来た。天然酵母の生地をふたりが持って来てくれました。




竹にパンを巻いて、土器も焼いて、味噌汁も作る。この時期はたき火がありがたい。




これはなかなか焼けなかった。見た目はいいんだけど、日が暮れる〜!




土付きのおいもを洗おうとしたら、「ぼくも洗う!」と里山ほいくえん児daithiくん。
川に持って行き、ほとんどのさつまいもを洗ってくれた。3歳児もついていったが、みてるだけ。
もなみ園にくるたび、こうやってみずから手伝おうという行動に感心する。
前回もたき火をしよう、とおとながいうと、枯葉や枝を一生懸命拾う姿がみられました。


                                  photo by emi
竹パンを焼いている間、sota達は山へお散歩。
その間、私はパンの生地を切ったりこどもと一緒に具をいれたり。
sotaと仲良しamaneはこの日も助け合いながら仲良く山を登ったと後から聞いた。
そうそう、朝出会ったふたり、amaneがsotaを見つけてハグしたり、sotaはsotaで「amaneだ〜!」と喜びの声をあげたり、ほほえましい限り。




うれしそうに山のお散歩から帰ってきたふたり。「パン食べた〜い!」

ここに来るお母さん達はとてもアクティブで元気。
その中、ほいくえん児のお母さんたちは、うっちゃん先生が竹で柵を作ったりしているのを見て、ささっとのこぎりを探し、同じように竹を切る。ロープ結びもお手のものだ。
ほいくえんでは、おとなもこどもも、考えて行動する事が自然とできていると感じる。
sotaもうっちゃん先生が竹で木登り用のはしごを作っている姿をじっと見ていた。
小さいながらも見て観察して、いろんな事を感じているんだろうな。
自然の中では、こども達が生き生きしている。
走り回った後、はしごを作るうっちゃんをじっとみるsotaを見て、
「エネルギーがありあまってるね」とあるお母さんが言った。




| 育児 | comments(0) | - | posted by SAORI
なかよし 20:56
 

サークルみっけにて。仲良しamaneのおやきをちゃっかり頂いてふたりでにこにこランチタイム。ふたりは出会うと手をつないで歩いたり、ふざけたり。お互い惹かれ合っているよう。
| 南信州 | comments(0) | - | posted by SAORI
| 1/40 | >>